早めに骨粗鬆症について学んで予防しましょう

若い人に多いがん

看護師

がんは大人の人がなりやすい病気と思われている人がほとんどでしょう。ですが、がんの中には成人してない若い人が特に発生しやすいものがあります。それを骨肉腫といい、骨に悪性の腫瘍ができることで発症してしまうがんです。

More Detail

耳が聴こえにくくなると

入院

耳の病気には、聴神経腫瘍という病気があります。この病気は脳から出る聴神経に腫瘍ができる病気で、進行するスピードは人それぞれですが、基本的にゆっくりと進行します。そのため、気づかない人が多いでしょう。

More Detail

骨粗鬆症とは何なのか

医者

骨粗鬆症という病気は、50歳以上の人がなりやすい現代病と言われています。この病気は男性よりも女性の方がなりやすいです。骨粗鬆症とは、骨がもろくなってしまいスカスカな状態になってしまいます。それが原因で少しのことで骨折しやすくなります。がんのような命に関わるような重い病気ではありませんが、日常生活に支障をきたす恐れがあります。何度も骨折してしまい寝たきりの生活を送ることになってしまうかもしれません。自分だけではなく家族にも迷惑が掛かってしまうので、早めに予防しましょう。骨粗鬆症の予防には、多くの人が聞いたことがあるであろう骨密度を高くしておくことが重要です。骨全体に含まれるミネラルの量や骨の質を高めることによって、予防することができます。こういったことは、日頃の生活を見直していくことで予防できます。骨のためにコラーゲンやカルシウムなどの栄養を多く含んだもの摂ることが一番重要で、適度な運動も必要です。運動することによって骨に必要最低限の負荷をかけることで、強い骨になっていきます。また、日光浴をすることで体内でビタミンDを生成することができます。ビタミンDも骨に必要な栄養素で、カルシウムの吸収をよくする働きがあります。食生活や運動だけでなく、病院で定期的に検査を受けるようにすれば骨粗鬆症を早めに発見することができます。他にも予防する方法はいくつもありますので、気になる人はネットで検索することもできますので参考にしてみてください。

伊丹在住のご家庭へ

女の子

伊丹に住んでいるご家族の中に小さいお子様がおられるところ少なくないでしょう。お子様のために小児科選びはとても大切なことです。なので、安心してお子様任せられるような病院を選びましょう。

More Detail